FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 - -

どうも、おひさし鰤です。

先月、ひーちゃんとにじねちゃんとひとみさんと遊んでもらってから、このブログをすげー読み返しています。

したら、また書きたくなってきたので書きます。


最近は東京遠征はしてないものの、ぼちぼちライブを観れてます。


2018年のライブはー


・アラバキ

・餃子のひぐちライブ(ものあいず、ぶらふまん、ぐんま)

・ラルクリのライビュ


今年になってからは、


・黒ミサのライビュ


に行きました。

アラバキでは、行くよーと前もって話していなかったにも関わらずくるみさんに遭遇するミラクルが発生(・∀・)

陣地はあの辺りにしちゃうよね。

翌日もくるみさんの先輩に遭遇したよ!

ロッキンで行列ができていたハム焼がアラバキにも出展していて、やっと食べたんだけどうまかった!

今年のベストアクトはハム焼!!←?


餃子のひぐちライブとは、福島市内の餃子やさんの庭でやってるライブなんだけど、ものあいずとぶらふまんとぐんまーが来たよ。

出演者じゃないのに、偶然前日に福島に来ていたろうあいきゅーのいっちゃんも来たよ。何ならいっちゃんがどの出演者よりもステージにいたよ。

このイベントは、何年か前にもロウエイタスが来たことがあったけど、それ以来は地元バンドが中心で、久々に有名な人が来た。

めちゃくちゃ腰の低いロンちゃんからラーメンを売ってもらい、一緒に写真を撮ってもらい、ふらっと酒を買いに来たスコットに握手してもらって、ぐんまーのボーカルとハイタッチしてきたよ。

目の前をとしろーちゃんが通ったけど、怖くて避けてしまったよ(子供にはステッカーをプレゼントしてたよ)。

ロンちゃんが売り子をしていたラーメン屋(黒磯の焔)さんは、その後しんぢさんとコラボ?していて、ジャンル違いの私の好きな男たちの共通点が嬉しい。

出演者とお客さんの距離がかつてないほど近いライブだった。何せ会場が人んちの庭。


ラルクリは、ありがたいことに通勤途中の映画館でライビュをしていたので、そちらで2日見てきました。

ライビュでも、ラルクのライブ後特有の喪失感はすごかったので仕事を休めばよかったと思うほど。

会場は静かだったけど、けんさまのさぶいぼまで見えるほど良い画質でした。

2日目にハイドの声がライブ直前まで出なかったらしい。それを全然感じさせないライブだったことにも、ファンに話してくれることにも驚いたけど(昔のラルクなら言わなさそう)、ハイドが歌えることが当たり前じゃないんだと気付かされた。

ラルカジノでも思ったけど、ラルクはカジノなりクリスマスなりコンセプトが決まっているライブのほうが好き。


黒ミサは用事があって諦めていたけど、ぎりぎりに行けることになったのでこれまたライビュ参戦。

はいどちゃんは天使だし妖精だし神だけど、今回は人間くさくてよかったな。

地元ではいじめられたい悔しい思いもしたけど、そんなことも自分の糧になっていると思えば許せる、と話していて、あれだけ大成功している人が50歳になっても引きずるなんて、いじめ、かっこ悪い(まえぞの)。


メモリーズ(コバルト色の夜明けじゃないほう)ではいどちゃんが号泣して歌えなくなっていたんだけど、はいどが歌えなくなるなんて、また火岩手でけんさまがわんこそば屋の前掛けをかけたまま演奏しているのを見て笑いすぎてるとき以来ではなかろうか。

サプライズでけんさまが出てきたときは、静かなライビュ会場もさすがに盛り上がったである。


和歌山まで来るなんて、さすがはハイドに最も近いハイヲタ。

けんさまが出てくると、ミサからお茶の間へ一瞬で空気が変わるのがすごい。


翌日のライブでは、まさかのふるさと大使に任命されるという斜めの方向のサプライズがあったな。

ふるさと納税せねば\(^o^)/

いっそ市の職員にチャレンジするか\(^o^)/

動機が不純すぎてアウト\(^o^)/


地元以外の生活にも慣れてきて、今年は割と穏やかでした。

仕事は2年目に突入したけど、教わる側より教える側になってしまい、昔お局くそばばあに言われてちっとなっていたことを自分も言いそうになって、くそばばあごめん…ばばあに訂正するわ……と思ったりしたよ。

同じ立場の年下の後輩さんが出来るのが初めてなんだけど、最近の若い子はしっかりしててえらいねえ、、、


来年度もふくしまにいるのかな、違うところかな、と思うけど、無職時に来るべき税金と社会保険料に備えて大人しく生きます(((^q^))


スポンサーサイト
雑記。 comments(0) -


2017
12/31

きんきよう

ひさしぶろぐ。


引っ越してから来月でいちねんです。

とっくに地元か実家に戻っていると思っていたけども、夫のご厚意と我慢のおかげで今も共同生活が続いております。


夏から仕事を始めました。

非正規で、前職とは違うジャンルでの事務職です。

社員さんの補助でデータ入力とかチェックとか、黙々やる仕事が多くて楽しい(・∀・)ノ

外部の方が基本的に来ないので、窓口や電話でいきなり怒鳴られることがなくていいです。

通勤も短くなったぜいえーい。


就職して以来、専業主婦か早期リタイアが人生の目標だったけど、いざなってみると、税金や携帯代やらで少ない貯金はがっつり持っていかれるし、自分のものは歯ブラシでもおやつでも買いにくいし、働いてないとどこにいても怒られてるような気がして、めちゃくちゃひきこもったのでだめでした。

あれほどなりたかった専業主婦(笑)になれたのに、自分は何かしらの不満を持つ器の狭い人間だと痛感した次第です。


新婚(なのか?)って一番幸せな時期と周りからは言われまくったけど、私の場合は、一人暮しのフリーダムな生活も名字も地元もなくなった……と思って最初は勝手に悲しくなっていました。

自分が悪いんですけど。

ただ、慣れって偉大で、何となく毎日過ごしていたら落ち着いてきた気がします。

二人暮らしのメリットとしては、一人で何ヵ月もずっと悩んでることでも、傷が浅いうちに夫に話すことであっさり解決することが増えたかな。

一人暮らしだと家の鍵をかけたか何十回も確認してたんだけど、今はしなくなったのもよかったです。(作文)

ただ、DVDを観る時間がない。

環境が変わって初めてわかったけど、一人暮らしも二人暮らしも、自分にとっては一長一短でした。

自分が協調性に欠けているのと歪んでいるだけで、普通は純粋に楽しいのだろうな。


まあ何はともあれ、通勤時間が半分以下になったのが嬉しい。嬉しい。嬉しい。(しつこい)


今年は夏に私の祖母が亡くなり、その3週間後に夫の祖父が亡くなるという、慌ただしい感じでした。

職場では、一番新人なのに忌引き連続リリースをきめてしまい、皆何も言わないけどその優しさが逆に気まずかったです。

義祖父の葬儀は何もしないわけにもぼけっとしてるわけにも、かといってしゃしゃるわけにもいかないし、そのうえ夫は第二の喪主みたいに色々やらされていて、遣えてない気だけ遣いました。

しまいには、義親戚の小学生に「そんなに気をつかうなよー」と言われる始末でした。

惚れるところだったぜ\(^o^)/

何かと理由がついて毎月のように義実家にお伺いしてたので、来年は自分の実家というか地元にゆっくり帰ってみたいである。

けど、来年も今年と同じような感じなんだろうな。


もう誰も読んでないと思うけど、皆様よいお年を。


雑記。 comments(4) -


2017
10/12

かんじゃむ

大石社長とシド公式のツイートで知った関ジャムを見ました。

ゲストが鬼龍院さん、だいごと、何故かマオとしんぢ。

何故シド???

と思いつつも、もはや歌番組すら出なくなったシドが出るならと、はらはらしながら見た(°∀°)


失礼ながら、V系をディスってネタにする流れの番組なんだろうなと思ってたら全然そうじゃなくて驚いた。

なかなかテレビに出ないようなバンドもたくさん見られて嬉しかった。


V系問題だとラルクの扱いが慎重になる(笑)けど、そのことにもだいごがさりげなく上手にフォローしていて、さすが舎弟であった。


MC側も、大抵なら「でも所詮は男のくせに化粧してるバンドなんでしょ」と鼻で笑うような構成なのに、まったくばかにせずに一つの音楽(文化?)として扱ってくれたのが個人的にはめちゃくちゃ衝撃的だった。

そして、ディルのMステ映像がまさかまた流れる日が来るとは……!

流してよかったんだ……

親に紹介できるグレイと、親に紹介できないディルアングレイのグレイ比較も面白くてつらい。

ディルを出すならピエロは?とか、密室系が全然映らなかったとか、はあるけど、それでもすごく良い番組でした。

親にあまり紹介できない(笑)V系趣味を、まるで、親に言える他の音楽ジャンルと同様に扱ってもらえて、新鮮というか、ひとつのコンプレックスが浄化されたような感覚でした。


そして何よりも、「ファンが熱いので間違えるとブッ叩かれる」と前置きしつつも、V系の歴史やバンドの解説をしていく鬼龍院さんがかっこよかった。

金爆は昔は「V系を名乗ってごめんなさい」的な立ち位置で出てきたのに、もはやV系を代表するようになってしまった感がある。

鬼龍院さん、お笑いにいかずにこちらに来てくれてありがとうございます。


それにしてもしんぢさんは相変わらずかっこよかった\(^o^)/

少し見ない間に少し年とった感はあるけど、やっぱり自分はしんぢさんの顔が好き(酷い)

き、み、が、す、きーーー(ひよっこのよねこ風)

あと、だいごがツイートで「しんぢくん(原文ママ)」とひらがな表記で書いてて、地味に嬉しかった。

ツイッターで歌広場くんが「楽器がひけるっていいな」と実況してたのもつぼでした。

しかし、まさおもしんぢさんも、テレビに出ると、無口でさわやかなバンドマンになるよね(笑)。


ので、シドの仙台チケットをとろうか悩む私でした。そう言ってる間になくなったー\(^o^)/

しんぢさんのご親族席の隅に座らせてください\(^o^)/アウト


ここ数ヶ月間、近況ブログを書こうとしつつも全然書き進まなかったのに、この記事はさくっと書けたからやっぱりまだまだオバンギャあがれねえわ!と思いました。まる。


雑記。 comments(0) -


2017
01/30

はいど(48)

はいたん!!!!!!!

お誕生日おめでとうございます!!!!!!!

48人ではなく、年齢的な意味で(48)めでたい!48歳のくせに美しすぎてつらい。
インスタでメイク動画が公開されていたので、見ました。
すっぴんでもふつくしくて、化粧中も変顔にならなくて、メイク道具を解析された方によると(解析する人が凄すぎる)ベビーワセリン&そんなに高くないファンデーション使用らしく、リーズナブルな化粧品を以てしてもあの美しさ!!!!
神ははいたんに何物も与えすぎじゃないでしょうか彼こそが神ですかそうですねありがとうございました。

誕生日は、先日ひとみさんとフライングお祝いをしました!
予定がある日だったのに、可愛いケーキを頼んでもらって、カラオケして、前に食べておいしかったアイスアゲインしました。



夫には前々から「29日はハイ誕なのでケーキを食べます!」と宣言していたにも関わらず、当日になってきたら自分で虚しくなってしまいケーキは買わないでしまった。
夫には「はいどさんの誕生日じゃないの?ケーキ屋さん寄る?」と気をつかわせるもケーキは買わず、夜に家にあったアイスを食べました。
人生で初めて「はいどさんお誕生日おめでとう」と夫は言ったと思いますすまん。
本人不在の誕生会をはしごした頃が懐かしいぜ。
趣味を続けるにも気力が必要だ。
雑記。 comments(0) -


2017
01/26

ひっこした。

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
雑記。 - -
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
<< 2019 >>
プロフィール

くら

Author:くら
ラルクが好きな社会人。
ハイドソロ関連、ケンソロ関連もちょいちょい聴きます。
シド、ムック、プラ、金爆、エルレ、ハイエイタス、ホルモンも好き。

ライブ会場の空気と、
うまいラーメンと、
友達と飲む酒と、
金曜夜の晩酌と、
かわいい猫の画像探しと、
休日の朝のコーヒーと、
自宅の布団の中

が最高に幸せです。



リンクについての説明、リンク先様の紹介は●about リンク●をご覧下さい。

月別アーカイブ
PR

Powered by FC2 Blog    Templete by hacca*days.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。